バラバラ探検隊

trot.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 05日

ツーカーセルラー TK05 京セラ

2000年京セラ製TK05 液晶はバックライトなしのモノクロ
a0112698_21403155.jpg


カバーを取り外したところ(ねじ+はめ込み式)
a0112698_21403983.jpg


背面
a0112698_21404819.jpg


左:キーボード, 右、上から音声用スピーカー、呼び出し等スピーカー(?)、マイク
a0112698_21405681.jpg


回路等をはずした筐体
a0112698_2141419.jpg


左:回路基板、右:液晶
a0112698_21411191.jpg


液晶を分解
a0112698_21411875.jpg


回路拡大
a0112698_21412591.jpg

[PR]

# by habbee129 | 2013-10-05 21:41 | 電話
2012年 03月 09日

日本電信電話公社_電話機_600-A1

a0112698_22245927.jpg
a0112698_2225836.jpg
a0112698_22251590.jpg
a0112698_22252326.jpg
a0112698_22253168.jpg
a0112698_22253979.jpg
a0112698_2225465.jpg
a0112698_22255378.jpg
a0112698_2226274.jpg

[PR]

# by habbee129 | 2012-03-09 22:26 | 電話
2012年 03月 09日

エプソン複合プリンタ PX-A650 プリンタ部

a0112698_201584.jpg
a0112698_20152026.jpg


左の制御部をはずす
a0112698_20152213.jpg
a0112698_20153242.jpg


制御部
a0112698_20153416.jpg

制御部中身
a0112698_20154559.jpg
a0112698_20154947.jpg
a0112698_20155914.jpg


インクヘッド(カートリッジ装填側)
a0112698_201617.jpg

インクヘッド(プリント側)
a0112698_20161183.jpg

印字部分
a0112698_20161339.jpg

[PR]

# by habbee129 | 2012-03-09 20:20 | パソコン関連
2012年 03月 08日

エプソン複合プリンタ PX-A650 スキャナ部

a0112698_22243865.jpg
a0112698_22244682.jpg
a0112698_2224553.jpg
a0112698_2225276.jpg


スキャナ部をうえにあげたところ
a0112698_222510100.jpg


スキャナの部分だけとりはずし
a0112698_22251665.jpg


ガラスの部分
a0112698_22252477.jpg


センサー部分
a0112698_22253184.jpg


センサー部とりはずし
a0112698_22253973.jpg


センサーと回路
a0112698_22254699.jpg


蛍光管
a0112698_22255444.jpg


センサー移動用モーター
a0112698_2226416.jpg


センサー移動用モーター
a0112698_22261642.jpg

[PR]

# by habbee129 | 2012-03-08 22:26 | パソコン関連
2012年 03月 07日

SANYO コーヒーメーカー SAC-OT5

a0112698_21544915.jpg
a0112698_21545761.jpg
a0112698_2155524.jpg
a0112698_21551197.jpg
a0112698_21552140.jpg
a0112698_21552848.jpg
a0112698_21553751.jpg

[PR]

# by habbee129 | 2012-03-07 21:56 | 湯沸し関係
2012年 03月 06日

ソニー・AIWAヘッドホンステレオHS-PS003

a0112698_18461836.jpg
a0112698_18463026.jpg
a0112698_18463410.jpg
a0112698_1846472.jpg
a0112698_18465368.jpg
a0112698_1847785.jpg
a0112698_1847109.jpg
a0112698_18472194.jpg

2000円くらいだったけど、長らく壊れずにつかっていた。
スイッチからの駆動部分はそれなりに複雑。この部分がプラでよく不具合が出ないものと関心する。
[PR]

# by habbee129 | 2012-03-06 18:49 | プレーヤ
2012年 02月 28日

TEAC 内蔵CDドライブ CD-552GA

a0112698_21383251.jpg


CD回転、データ読み取り部分
a0112698_21384049.jpg


制御回路(右)、ローディング用モーター(左)
a0112698_21384879.jpg


CD回転、データ読み取り部分
a0112698_21385699.jpg

[PR]

# by habbee129 | 2012-02-28 21:42 | パソコン関連
2012年 02月 28日

ソニー 卓上液晶TV FDL-K441 90年製

a0112698_16595011.jpg


あけたところ、左が液晶
a0112698_170192.jpg


液晶バックライト
a0112698_170946.jpg


液晶
a0112698_1701750.jpg


回路
a0112698_1702647.jpg

[PR]

# by habbee129 | 2012-02-28 17:03
2011年 09月 22日

日立 マスタックス VT-88 

a0112698_121242100.jpg遺跡級のVHSテープレコーダ。新し物の好きの叔父が購入したもので、30年以上前のもの・・・たしか30万近くしたと言っていた。

5年ほど前に買ったシャープのVC-H220は1万円ちょっと。昔はずいぶんと高価なものだったんだねぇ。

この2台重さがまったく違う。
VC-H220は頼りないくらいの軽さだけど、VT-88は持ち運ぶのが嫌になるくらい重い。そして、パネル部分の作りこみなども重厚感や高級感にあふれていて、それなりの価値があったのだろう。


a0112698_12144362.jpg外のパネルをあけてびっくり。入ってる入ってる、回路基盤が、サイドにまで・・・。

電源コードが来ていることからも、右上は電源部。カセットの上側はテープのドライブ制御かなぁ? 右下はTV受信機っぽい。

探索してみたい第一はなんといってもドライブ部分。
音楽カセットはヘッドを固定してテープを横に流し、テープ横方向へトラックを作り出す。しかし、ビデオテープレコーダは大量の情報を記録する必要があるために、テープを横へ流しながら、斜めにあてたヘッドにテープを巻きつけ、ヘッドを回転させることにより、テープの幅も使って録画する。
テープに対して斜めの走査をするという、超トリッキーなサーカステクニックを使っているのだ。
このあたりの機構がみれるといいなぁ。

そして、気になるのが、左上の白い金属。どうやらヒートシンクのようだ(発熱パーツの熱を逃がすための部品)。PCの中に入っているCPU冷却ファンと同じ役目だけど、なんでビデオの制御ごときでそんなに高温になるのってのがふしぎ。


a0112698_12171028.jpg底面のパネルを取り外したのが左の写真。裏側にもびっしりと回路が組み込まれている。あまりの部品の多さに目がくらむ。

このテープレコーダ消費電力は39Wだった。今使っている最近のテープレコーダの消費電力は9Wだから4倍以上の電力を使うことになる。今夏であれば、節電対象家電になってしまうな。






a0112698_1219932.jpgフロントパネルを切断したのが右の写真。切断するまでまったく気がつかなかったのだけれど、このパネル、プラスチックと金属をたくみにはめ合わせてできていた。

色はもちろん、その反射率(つや消し具合)も同じようなものだったので、てっきりプラスチックだけでできていると思っていた。

なんとなく高級感のあるパネルにみえたのはそんな理由だったのかもしれない。しかし、金属を使ったのは演出のためではなく、強度のためだろう。昨今のFRP(強化プラスチック)に比べて、このパネルのプラスチックはかなり柔らかい。このあたりは時代を感じさせる。

プラスチックと金属はハメコミで一体化されているんだけど、よくもここまでぴったりと接合できるもんだなと感心する。
材質が違えば熱膨張率も違うとおもうんだけど、ピタリとしている。

僕が普段使っているカメラのNikon D100もボディはFRPと金属(マグネシウム合金?)を一体化させている。-10度~50度で使ってたけど、ひび等の不具合はない。すごいもんだなぁ。

リアパネルをはずしたところで、ちょっと手詰まりになる。
これはというネジがみあたらなくなってしまったのだ。

a0112698_12205828.jpgで、しょうがないから、見えているネジを手当たり次第にはずしてみたところ、あ~ら、びっくり。筐体が2つに分離した。

写真の右側部分がチューナーと電源。左側がビデオカセットの駆動部のようだ。

しかし、こうもすっきりスパッと二つに分かれた機器は初めてだ。

両方をつなぐ緑の線は、右側の大きなコンデンサーの付近から出ていることから見て、電源供給線。分離のためこれは切断するので、二度とドライブ部は起動しない(って怖くて電源入れられないけど)。



a0112698_12223248.jpgこれが、電源部。右からコンセントが入ってくる。トランスの出力は16V。モータに12の文字が見えたことからも、直流12Vを出力しているようだ。












a0112698_122382.jpgこれはレコーダの駆動部分。音楽用のカセットテープは二つの軸でテープを回し、そこに下からヘッドごとテープに突き上げて接触させる。ウォークマンなど見慣れてるところだ。

しかし、VHSビデオテープは音楽用カセットテープとはまったく違う構造だった。

写真右下にある斜めに設置してある円筒状のものがヘッド。カセットテープと違い固定されている。さらに違うのはこのヘッド自体がテープの送りとは別に回転するようになっている。テープに対して、斜め回転させることによってテープの幅も使ってデータを記録する。ちなみに、磁性を発生すると思われる溝が5本あった。

ヘッドが固定となると、そこにテープを巻きつける機構が必要となる。それがヘッドの横にある溝。テープをからめた棒がこの溝を上から下に移動することで、テープをヘッドに巻きつける。

しかし、ここで疑問。どうやってこの巻取り棒をテープの向こう側(写真の上側)に出すのだろうか。棒は溝に沿ってスライドはできるが、テープをくぐってゆくことはできない。

うーん・・・。あっ、そうか。
テープがローディングされるときのことを思い出す。

テープはまっすぐ吸い込まれていくが、最後にゴトッと下に落ちる。あれだ。あのゴトッは巻き取り棒をテープの内側にセットするためのものだったのだ。

巻き取り棒がテープをくぐるのではなく、テープそのものが巻き取り棒の上を通過した後、下がってくるのである。

a0112698_1226952.jpgこれははヘッド。後ろの金属の中にコイルが入っていて、これだけで回転できる仕組みになっている。

テープに対して斜め回転するというのは事前知識として知っていたのだが、それを実現させるための、ローディングなどはほんとうに感心させられた。

だけど、正直言ってかなりのギミックだと思う。DVDやハードディスクは非常に繊細な制御をしているけど、仕組みとしては単純のような気がする。

ここまでメカで複雑な制御をしてしまうと寿命も短いだろう。モータからベルトドライブが何箇所もあり、ゴムの劣化は避けられない。複雑な機構にはグリスがベタベタ塗ってあったが、状況としてはカメラのシャッター機構と同じだろう。使わないで大事にとっておいたら、コールドスタートとなってしまい破損する可能性大だ。

カメラがお家芸の日本だからここんな複雑なメカを作り上げられたのかもしれない。

ビデオレコーダよ永遠に・・・

といいたいところだが、このメカでは難しいし、そもそもソフトがない。
かつて日本が編み出した芸術的なメカといったところだろう。
[PR]

# by habbee129 | 2011-09-22 20:10 | VHSビデオデッキ
2010年 06月 29日

タイガーマイコン電動ポット PDJ-A220

a0112698_21553060.jpg

パラシの端緒は裏面のターンテーブルを止めている一本のネジをはずすことだった。
a0112698_21553949.jpg

これが底面である。プラスチックのケースに収まっているのは電源部のようだ。
a0112698_21554845.jpg

丸い筒状のものがお湯のポンプ。底面から吸い上げ注ぎ口にポンプアップする。
外側のボディと内側のお湯のタンクにの間にある黄土色の綿状のものが断熱材。
周囲のみで上部と底面にはない。真空ポットにくらべこの断熱材では保温力はおとるだろう。
その分はヒーターで加熱ということになる。電気ポットは効率の悪い家電製品といわれるが、この構造ではそれも納得。
a0112698_21555839.jpg

ポンプ、電源部など底面の装置類を取り外すと出てくるのが、この円盤状のもの。
これがヒーターのようだ。
a0112698_2156838.jpg

6枚のディスクでうすい一枚のヒーターになっている。
下の段が発熱部のようだ。カーボン繊維のような素材となっていた。下段真ん中のディスクには階段状に線がついており、先がコードにつながっていたから、おそらくここを電流がながれるのだろう。それを左右から挟みこむ。
写真の左上と真ん中上は3枚のカーボン繊維風のディスクを挟み込む金属。そして右上は5枚のディスクを爪で固定する部品である。
a0112698_21561875.jpg

制御部の回路は一番上のタッチ式のスイッチの下にあった。タッチ式のスイッチは金属状のシールでペロリとはがすと下に回路が収まっている。
a0112698_21563051.jpg

[PR]

# by habbee129 | 2010-06-29 21:56 | 湯沸し関係
2010年 06月 29日

日立オーブンレンジ MRO-M55

a0112698_18363678.jpg

電子レンジの筐体は、パソコンと似ている。コの字型のカバーがボディに引っかかるように止められており、これをはずすことで中が見えてくる。
a0112698_18364473.jpg

しかし、庫内は頑丈にできており、これははずすことができなかった。ターンテーブルと電熱を出す金具以外はすべて庫外のスイッチ裏に設置されている。
a0112698_1836547.jpg

回路図がボディー横についていた。これによるとAC100Vをトランスにより2400Vまで昇圧させ、つぎに高圧ユニットなるものを通す。回路図によればコンデンサーとダイオードと抵抗からできており、整流器(交流を直流に変換するもの)のようだ。
a0112698_1837231.jpg
a0112698_18372393.jpg

高圧ユニットの先にはマグネトロンなる電磁波発生装置がついている。これが電子レンジの肝ということになる。
a0112698_18373465.jpg

高圧ユニットで発生した電磁波は金属の棒を伝わって庫内へ導かれる。
a0112698_18374415.jpg

[PR]

# by habbee129 | 2010-06-29 18:39 | 電子レンジ